【残り1区画遂に売却】新青森駅周辺再開発 東口に15階建複合ビル進出!

再開発情報

サバンナ地帯で名を馳せる新青森駅東口だが、

遂に残り1区画余っていた東横イン北側の土地の売却に成功したことを、

2月9日明らかにした。

2002年度に新青森駅周辺の土地区画整理事業がスタートし、

2007年度から分譲を行ってきたが、

新幹線の駅=空港と勘違いしてしまった当時の某青森市長の誤認も相まって、

新幹線開業から5年の間、

全く買い手がつかなかった。

が、2016年北海道新幹線開業を機に、

函館市の医療機関が西口に総合病院を設立。

これが見事起爆剤となり次々と売れ行きが好調になった。

そして今回、残り1区画となっていた東横インの北側に、

地下1階地上15階建ての複合ビルと立体駐車場を建設することを発表。

これでやっと悲願の全区画売却となった。

ここまでまあ長かったものである。




さて、複合ビルの詳細についてみていくと、

現時点の情報では1階にコンビニ(ローソン)、

2階以上に貸事務所や長期滞在型宿泊施設を整備するという。

この長期滞在型宿泊施設とは何なのかというと、

簡単に言えば「長く泊まれるホテル」といったところだろう。

ホテルにもよるがだいたい1か月程度が1セットになっている模様。

出張ビジネスマンやリモートワークに対応した、

最近全国で増えてきているホテルの一種であり、

コロナ禍も相まってこのタイプのホテルが今人気である。

なので、東横インの対抗馬としての進出といったところであろうか。

新幹線開業から12年、

ようやく県都の新幹線駅前らしいまちづくりになってきたようだ。

今回売買契約書を結んだのは、

徳島市に本社を置く建築・不動産業を営む「パルハウス」という会社。

どっかで聞いたことある社名だと思ったら、

前回の東横インの建設でもこの会社が参加している。

しかも今回売買契約を結んだ土地が東横インの北側。

その繋がりもあってなのか複合ビルの整備に名乗り出た。

これでまた東口の風景も少しは変わるだろう。

しかしながら残念なニュースも。

同じく東口に整備を予定していたABホテル(愛知県安城市)が、

コロナ禍により需要が見通せないとして撤退を正式発表。

こちらは地上8階建て131室のホテルを予定していた。

当初は2020年秋の開業を目指していたが、

資材価格高騰の理由で翌年に持ち越し。

しかしそこにコロナの追い打ちもあって、

動きが凍結状態に。

開業時期が固まらないまま半ば放置状態となっていたが、

手つかずのまま撤退してしまった。

青森市の担当者は早期の売却に努めるとのことだが、

本来なら土地区画整理事業は今年で終了。

発破をかけてやらないと冗談なしで間に合わなくなってしまうが、

果たして無事全区画売却できるのだろうか?

まあ、違う角度から解釈すれば、

ABホテルが撤退した代わりに、

長期滞在型ホテルが進出してきたので、

埋め合わせといえば埋め合わせになるが、

土地区画整理事業が今年で終わることを鑑みれば、

やはり苦渋の決断になるのではないだろうか。

★当ブログを気に入っていただけたら、Twitter等でフォローお願いします★
タイトルとURLをコピーしました