【コスパ良!】電動アシスト自転車「SUISUI」使い心地は?持ち運べる?

【コスパ良!】電動アシスト自転車「SUISUI」使い心地は?持ち運べる?

この度、はじめて電動アシスト自転車を購入してみた。

電動アシスト自転車は以前から欲しかった商品の一つだったので、

今回ようやく購入ができて感無量である。

因みに購入した理由としては、

無論、サイクリングする時に上り坂を楽に登れるようにするためである。

要するに、楽したいからだ()

まあその話はどうでもよく、

今回買った電動アシスト自転車というのは、

SUISUI(スイスイ)」というシリーズである。

このスイスイの特徴としては、

アシスト走行できる距離がそこそこ長いのに対し、

本体価格が税込みでも6万円台に収まるというコスパの良さだ。

しかも、折り畳みである。

今回はネットで買ったのだが、

通常店頭販売では数十万もする自転車もあるため、

最終的にはネットで買ったほうが安上がりである。

ここでは、そんなスイスイの特徴や使い心地などをご紹介する。

スイスイ(品番:BM-A30)の仕様とは?

スイスイ(品番:BM-A30)の仕様をまとめてみたので、

まずはご覧いただきたい。

全長 約1,500mm
全幅 595mm
サドル高 740mm~900mm
折りたたみサイズ 約820mm×520mm×630mm
タイヤサイズ 20インチ(50.8㎝)
重量 18.5kg
1回の充電で走行できる距離 最大約30km(エコモード時)
変速機形式 外装6段(シマノ製)
前照灯 バッテリー式LED前照灯

全体的に、一般の電動アシスト自転車よりも軽量化されており、

この仕様で本体価格は税込みでも6万円台に収まるというのが高評価。

折りたたみサイズは約820mm×520mm×630mmと比較的小さく、

車にも載せられるコンパクトなサイズである。

タイヤは20インチで換算すると50.8センチメートルであり、

折り畳みの部類の中では特段小さくはないが、

それでも車に載せられるサイズなので小回りはそこそこ利く自転車である。

電車への持ち運びは厳しい部分がある?

一方、重量は18.5キログラムあり、

電動アシスト自転車の割には比較的軽量であるが、

やはりバッテリーなどを積んでいるため、

長時間の持ち運びには適していないと思われる。

なので、電車などに持ち運んで輪行したいという人には、

あまりおすすめできないかもしれない。

なお、電車への持ち運びの際は、

必ず自転車を専用の収納袋に入れる必要があり、

ちょっとでもサドルなどが露出していると、

ほかの乗客の安全に問題があるという理由から、

持ち運びは多くの場合不可となるようだ。

一応アオラボでは輪行するつもりで、

このスイスイと別途専用の袋を買ったのだが、

微妙に自転車が袋に入りきらず、

輪行を断念せざるを得なかった()

なので、来年をめどにまた別の折り畳み自転車を買うことに決定した。

通勤用や地元の街を回る範囲には文句なしの仕様!

電車に持ち運ぶのが難しいとは言うものの、

通勤に使ったり、

地元の街を回る程度であれば、

スイスイの自転車はおすすめである。

1回の充電(4時間)で走行できる距離は、

エコモード時で最大約30kmなので、

職場と自宅の行き来をするくらいであれば文句なしの仕様である。

Amazon:SUISUI BM-A30の詳細についてはこちら

アオモリサイクリング&自転車お役立ち情報カテゴリの最新記事