Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/saikyo0704/aoimorilabo.com/public_html/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4389

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/saikyo0704/aoimorilabo.com/public_html/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4396
輪行の正しいやり方は?輪行袋はどう選べばいいか?ポイントやコツを紹介

輪行の正しいやり方は?輪行袋はどう選べばいいか?ポイントやコツを紹介

輪行の正しいやり方は?輪行袋はどう選べばいいか?ポイントやコツを紹介

いつもは自分の街を自転車で回る日が多いけど、

たまには100キロ、200キロ先の遠くへ行って、

自分が愛用するマイチャリで知らない街や観光スポットを走りたい・・・

そのような時に活躍するのが、

自転車を持ち運んで走るスタイルのサイクリングである、

通称「輪行」というものだ。

輪行なら東京から青森で日帰りサイクリングが可能!

輪行とは、電車やバス、フェリーなどの公共交通機関に自転車を持ち運んで、

遠くの地にまで移動する手段のことを意味する。

そのため、

いつも自分の住んでいる街でしか走れず時間的にも限界があったものが、

輪行することによって移動範囲を大幅に拡大できるのだ。

例えば、「東京在住だが青森で奥入瀬渓流などの観光地をサイクリングしたい

という場合には新幹線を利用すると便利である。

現在、東北新幹線で東京~新青森間は3時間台であるため、

早朝6時台に東京を出ると青森には9時台に着く。

帰りは新青森発東京行が19時台で終電で、

東京には23時台に着くが、

その間青森でのサイクリング可能時間は約10時間も確保できる。

しかも日帰り可能なので、

宿代をかけず週末に気軽に青森へ行くことができるのだ。

昔なら夜行列車で何時間もかかっていたが、

新幹線が開通したおかげで、

移動範囲は画期的に広くなった。

ただでさえ東京と青森は直線距離でも500キロ以上離れているので、

新幹線が発達したおかげで輪行の重宝性はますます強くなっているのだ。

ここでは、そんな輪行の正しい方法をご紹介する。

輪行の際は必ず輪行袋を用意しておく!

自転車を公共交通機関で持ち運ぶ際には、

事前に輪行袋を用意して、

それに解体したもしくは折り畳んだ自転車を収納する必要がある。

そもそもなぜ自転車は輪行袋に入れなければならないのかというと、

もし自転車の突起物(ペダルやハンドルなど)がほかの乗客にぶつかると、

けがをさせてしまう恐れがあるからだ。

また、自転車というのは普段から使っていると徐々に汚れてくるため、

車内の設備などにその汚れが付着して、

清掃の手間がかかってしまうという理由もある。

なので、輪行する際には必ず輪行袋を用意しておこう。

輪行袋はどれが良いとは一概に言えない?

泥除けがない自転車の場合は、

車輪がクイックレバー(工具を使わずに素早くホイールを外すことができる機能)であれば5分程度で輪行袋に収納可能である。

一方、泥除けやキャリア(車に車載する際に自転車を固定する機能)がある場合の自転車は、

若干組み立てや分解を行うのに時間がかかるが、

慣れてくれば30分以内でこなせるようになる。

このように、輪行をする際には輪行袋の選び方によって、

効率が大きく変わってくるのである。

また輪行袋には自転車のタイプに合わせ、

大きく分けて3種類が用意されている。

一番大きいサイズの輪行袋は、

片方のタイヤを外すだけで収納が可能なほどの大きさである。

車輪がクイックレバーであればワンタッチで収納できるので、

その際に自転車の前後さえ間違わなければ僅か3分程度で片づけられる。

逆に小さいサイズの輪行袋だと、

その分タイヤ、ペダル、ハンドルといった部分も外す作業が入ってくるため、

時間がかかるというデメリットがある一方で、

大きいサイズに比べ運搬が大分楽になる。

特に輪行では駅構内においてエレベーターが無い場合、

大きいサイズだと階段の上り下りなどが非常にきつくなるため、

下手すれば腰にきてサイクリングが楽しめなくなる可能性がある。

このように、輪行袋の選び方において、

一概にどちらがいいかはその時の状況次第であると言えよう。

人気の輪行袋3選!

MAISON DE UN MAILLOT 折りたたみ トート バッグ 100L 収納 スポーツバッグ

横72センチ、高さ53センチ、奥行き28センチまでの自転車を収納できる人気の輪行袋。

独自の「オックスフォード生地」では、

丈夫な質感と少し光沢感のある素材を取り入れており、

雨の日やウォータースポーツ、

スキーなどでの過酷な環境でも耐えられるため、

自転車以外でも使える万能の袋である。

防水生地でできているため、

万が一の急な雨や汚れやすい場所でも気兼ねなく使いやすい。

詳しく見る

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 【マルチユース輪行キャリングバッグ】エンド金具不要のオールインワン輪行袋(軽量・耐水圧1500mm) DCB168-BK/KH

横1,850ミリメートル、高さ1,100ミリメートル、奥行き440ミリメートルの大型の輪行袋。

輪行時によくある「サドルが輪行バッグに入らず、電車に持ち込めない」、

「前後輪をはずすのに時間がかかる」、

「バッグに車体が入りきれない」などのような悩みをこの輪行袋で解消している。

軽量ながらも生地は厚めで、

防水性にも優れた耐水圧1,500mmのナイロンタフタ(PUコーティング)素材を採用しており、

急な気候変動でも対応できるようリップストップ仕様で生地を丈夫にしている。

詳しく見る

折りたたみ自転車 収納 バッグ 輪行バッグ 16〜20インチ対応 専用ケース付き 輪行袋 サイクリング ツーリング 持ち運び 便利

横85センチメートル、高さ69センチメートル、奥行き30センチメートルの輪行袋。

双方向ジッパーが180度開くので、

初心者でも自転車を楽に収納できるように設計してある。

ポリエステル600Dを使用しており、

耐久性に優れている。

16〜20インチまでの自転車に幅広く対応している。

詳しく見る

輪行はサイクリングの可能性を無限大にする!

 

今の時代は新幹線が発達しているおかげで、

輪行してサイクリングできる範囲が大幅に拡大した。

しかも東京から青森などであれば日帰りでの輪行サイクリングも十分に可能だ。

勿論、1泊してゆっくり走るのも楽しいので、

もしまだ1回も輪行したことがないという人は、

ぜひ挑戦してみてはどうだろうか?

サイクリングを楽しむカテゴリの最新記事