プーアル茶とマグネシウムの関係 骨代謝やストレス緩和につながる?

プーアル茶に含まれるマグネシウムって何?

プーアル茶

プーアル茶には、人間の代謝を促進させる「マグネシウム」が含まれています。

マグネシウムとは、骨や歯などをつくるうえで欠かせないミネラルの一部であり、

神経や筋肉、エネルギーを生産するときに深くかかわっている栄養素です。

マグネシウムは、

体内では約50~60%が「リン酸塩」や「炭酸塩」として骨の中に入っていることから、

骨を健康にするためには無くてはならない栄養素でもあるのです。

残りの約40%は筋肉や脳、神経、細胞内に存在していて、

約300種もの酵素の働きを助けるために関わっているなど重要な役割を担っています。

特にエネルギーを生産するうえでは深く関わっており、栄養素の合成・分解過程のほか、

遺伝情報の発現や神経伝達などにもかかわりを持っているのです。

さらに、「カルシウム」とともに筋収縮を制御したり、

血管を拡張させて血圧上昇を抑えたり、

血小板の凝集を抑え血栓を作りにくくする機能もあるなど、

マグネシウムは私たち人間が生きるうえで、とても重要な働きをしている成分なのです。

因みに、マグネシウムはプーアル茶のほかにも、

魚介類や野菜、大豆、豆腐、納豆などの大豆製品、

海藻類、玄米、アーモンド、ごまなどの種子などにも多く含まれています。

また、食べ物から摂取したマグネシウムの吸収は主に小腸で行われ、

腎臓で排泄されるようになっています。

腸での吸収は「ビタミンD」によって促進される一方、

余分になった「カルシウム」や「リン」によって抑制され、

マグネシウムの量をバランスよく保っています。

マグネシウムが不足しているときには、腎臓でマグネシウムの再吸収が促進されたり、

骨からマグネシウムが放出されたりすることで、

血液に含まれるマグネシウムの濃度を一定にキープしています。

しかしながら、マグネシウムは基本的に食事からでしか摂ることができないため、

普段の食生活が乱れていたりすると、

よく不足しがちになってしまう栄養素でもあります。

それを踏まえると、プーアル茶は他の食材とは違い、

誰でも簡単に飲むことができるので、

マグネシウムを摂るためには効率的な飲み物だと言えるでしょう。

ただし、プーアル茶だけ飲んでも、1日に必要なマグネシウムの量を補え切れません。

したがって、バランスのとれた3食+プーアル茶という感じで、

普段の食生活に取り入れるのがベストです。

1日に必要なマグネシウムの量は?

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、

1日のマグネシウムの推奨量は、18~29歳男性では340mg、30~49歳男性では370mg、

50~69歳男性では350mg、70歳以上の男性では320mgとなっています。

一方、18~29歳女性では270mg、30~69歳女性では290mg、

70歳以上の女性では270mgと推奨されています。

26年度の国民栄養調査の結果では、男女平均の摂取量は236mgとなっており、

女性は約40mg、男性は約100mg不足しているデータが出ているなど、

日本人は何かとマグネシウムの摂取量が足りていないことが分かります。

マグネシウムが不足するとどうなるの?

骨や歯、神経、筋肉、エネルギーをつくる際に必要不可欠な栄養素であるマグネシウム。

したがって、これが不足することで体の中で様々な影響が出てしまいます。

マグネシウムの摂取量が足りていないと、不整脈が起こりやすくなったり、

悪化すると虚血性心疾患、動脈硬化症などのリスクが高まります。

また、吐き気や精神障害などの症状が現れたり、

筋肉のけいれんなどが懸念されています。

最近では、マグネシウが不足することで、

糖尿病や高血圧といった「生活習慣病」のリスクが上昇するというデータも出ているなど、

マグネシウムの不足でこれだけの影響が出る可能性があります。

最近イライラしがち、ストレスが溜まっている人は、

プーアル茶からでも、普段の食生活からでもいいので、

いつも以上に意識しながら摂りましょう。

まとめ

プーアル茶

・マグネシウムは、骨や歯などをつくるうえで欠かせないミネラルの一部であり、神経や筋肉、エネルギーを生産するための栄養素。

・プーアル茶をはじめ、魚介類や野菜、大豆、豆腐、納豆などの大豆製品、海藻類、玄米、アーモンド、ごまなどの種子などにも多く含まれている。

・プーアル茶は他の食材とは違い、誰でも簡単に飲むことができるので、マグネシウムを摂るためには効率的な飲み物だと言える。

・プーアル茶だけ飲んでも、1日に必要なマグネシウムの量を補え切れないので、バランスのとれた3食も心がける。

・マグネシウムの摂取量が足りていないとイライラしたり、不整脈が起こりやすくなったり、悪化すると虚血性心疾患、動脈硬化症などのリスクが高まる。


最後までご覧いただき、ありがとうございました!

↓こちらもどうぞ!

・【必見!】安いプーアル茶比較オススメ人気ランキング5 お試し40%OFFも!?

【参考文献】

井上 菜津子(2009)『1年365日、プーアール三昧―おいしくて体にいい魔法のお茶』亜紀書房.

佐藤 勲(1988)『スリムで元気がいちばんいい―無理なくやせるプーアル茶健康法』現代書林.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク