中国茶をもっと美味しく飲むための淹れ方とは?

中国茶を美味しく飲むためには、

淹れ方に対していろいろな工夫をする必要があります。

例えば、お茶を淹れるための茶器や、

種類ごとにお湯の適温となる温度は微妙に異なります。

ここでは、そんな中国茶をもっと美味しく飲むために、

淹れ方のポイントなどをご紹介します。

種類によってお茶の淹れ方が異なる?

中国茶には、種類によって何通りもの淹れ方が存在します。

例えば、茶壺(急須)にお湯を溢れるほどいれたり、

茶壷の上からお湯をかけるタイプのお茶がありますが、

これは「工夫(功夫)茶」と呼ばれるものが該当します。

工夫茶は、「丁寧に淹れる」という意味が込められています。

勿論、中国茶ではこれ以外にもさまざまな淹れ方が存在します。

種類ごとに淹れ方が多種多様になっているのは、

そのお茶が持っている個性を際立てるためでもあります。

なので、それぞれの茶葉に適した淹れ方があるのです。

ただ、日本にある茶道のような厳密な決まりはないので、

淹れ方に対してそこまでシビアになる必要はありません。

決まったルールがないので、淹れ方は人によって異なるのがよくあります。

茶器選びは茶葉の種類によって決まる?

中国茶では、味だけでなく香りも重視されるため、

どんな茶器を選ぶかが、美味しく飲むための大切なポイントとなります。

まず、ウーロン茶を含む青茶と、プーアル茶を含む黒茶の場合では、

素焼きの茶器を使うのがおすすめとなります。

ただ、素焼きの茶器だと、香りが移りやすいことから、

実際は茶葉ごとに専用の茶器を使用するのが本場の淹れ方と言われています。

黄茶や白茶、紅茶などの香りが高いお茶の場合では、

磁器を使うのがおすすめです。

磁器は、素焼きの茶器よりも香りを吸収しにくいので、

茶器に残った香りを楽しむことができます。

また、花茶や白茶、黄茶といった、茶葉の形や動きが特徴的なお茶の場合は、

中の様子が見えるガラス器を使うのが良いでしょう。

もっと美味しく飲むためにはお湯の温度にもこだわりを持つ!

中国茶を極限にまで美味しく飲むためには、

お湯の温度に対してこだわりを持つ必要があります。

つまり、美味しく飲むためには、お茶ごとにお湯の温度が異なるため、

それぞれの適温で淹れるのがポイントとなります。

基本的には、発酵茶ではないものは低温で淹れ、

反対に発酵茶の場合は高温で淹れるのが一般的となります。

さらに細かく分けると、緑茶や黄茶、白茶の場合は、75~85度に、

青茶の場合は、85~90度、

紅茶や黒茶の場合は100度が目安の温度となっています。


【参考文献】成美堂出版編集部(2000)『香りを楽しむ中国茶の辞典』.成美堂出版

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク