【かぶせ茶】ってどんなお茶?特徴や栽培方法などについて解説!

皆さんは「かぶせ茶」というお茶を飲んだことはありますか?

日本茶と言えば、「煎茶」や「ほうじ茶」などがメジャーな部類に入りますが、

それらに比べれば、「かぶせ茶」は比較的マイナーなほうのお茶だと思います。

では、「かぶせ茶」とは、一体どのようなお茶なのでしょうか?

ここでは、その特徴や栽培方法などについて、

詳しくご紹介します。

かぶせ茶は煎茶と玉露の中間である?

実は、「かぶせ茶」は「玉露」と同じような作り方をとっています。

具体的には、「かぶせ茶」も「玉露」も、

茶摘みを行う前のある一定期間において、

太陽の光を遮断して栽培を行います。

そうすることによって、渋みが少なく、

逆に旨味成分である「テアニン」の量が多くなり、

気軽に飲みやすいお茶に仕上がるのです。

では、「玉露」との違いは、どこにあるのでしょうか?

それは、栽培方法にあります。

「玉露」の場合だと、太陽の光を遮断する期間が20日前後なのに対して、

「かぶせ茶」ではおおよそ1週間しかありません。

また、「玉露」では、畑全体に覆いをして、

太陽の光を遮断するのですが、

「かぶせ茶」の場合は、茶の樹に直接覆いをかけるのです。

そのため、「かぶせ茶」は「煎茶」よりかは太陽の光を浴びないため、

その分茶葉に当たる紫外線の量も少なくなります。

一方、「玉露」ほど太陽の光を遮断しないことから、

言わば「煎茶」と「玉露」の、ちょうど真ん中に位置するお茶であるのが、

「かぶせ茶」の特徴とも言えるでしょう。

煎茶と玉露の両方を味わえるお茶でもある?

先ほど、「かぶせ茶」は「煎茶」と「玉露」の中間に位置するお茶と言いましたが、

言い換えると、「煎茶」と「玉露」の2種類のお茶を、

同時に味わうこともできるという意味になります。

つまり、お茶の淹れ方を調整することで、

両方のお茶を楽しめることもできるのです。

まず、「かぶせ茶」で「煎茶」を飲みたいときには、

熱湯で淹れるのがポイントです。

熱湯で淹れることで、「煎茶」に近いすっきりとした甘味と渋味を味わえます。

一方、「玉露」では低い温度で淹れるのがポイントです。

これは通常の「玉露」を飲むときにも同じです。

低温で淹れるため、こってりとした旨味を引き出すことができます。

このように、「かぶせ茶」一つだけで、

「煎茶」と「玉露」の両方のお茶を楽しめることもできるのです。

言わば、「かぶせ茶」はこれらのお茶の”いいとこどり”のようなものですね。

かぶせ茶は価格も安い?

畑に専用の棚を組んで、太陽の光を遮断する栽培方法を取っている「玉露」は、

茶摘みに手間がかかるなどして、その分価格も割高になってしまいます。

それに対し「かぶせ茶」は、茶の樹に直接覆いをかぶせて太陽の光を遮断し、

また、機械で茶摘みを行うため、

価格が「玉露」よりも安く抑えられるのです。

1回で2つのお茶を味わえる一石二鳥の「かぶせ茶」。

一度飲んでみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク