緑茶=煎茶なのか?日本茶の8割は煎茶である現実

日本茶を代表するお茶の一つであるのが、

言わずと知れた「緑茶」。

ところで、日本茶と言えば緑茶ですが、

言い換えると「煎茶」にもなります。

なぜ、見た目は同じようなものなのに、

これだけ呼び名が異なっているのでしょうか。

日本茶も緑茶も煎茶もどれも同じ意味だった?

実は、煎茶や緑茶は、「日本茶」と同じ意味で使われることが多いです。

広義の意味での「煎茶」とは、

茶葉を揉まずに乾燥して粉末にした抹茶(てん茶)のことを言います。

煎茶では、茶葉をお湯に入れて煮出すことによって成分が抽出され、

それを「煎じ茶」と呼ぶことからその名がつけられました。

一方、狭義での意味でも煎茶があります、

こちらは、茶葉は一番茶と二番茶の早く摘んだものだけを用いりますが、

収穫前に「棚」に寒冷紗などの覆いをかけて日光を遮る玉露とは違って、

始めから終わりまで、日光で当てながら栽培されます。

玉露やかぶせ茶は日光を遮断してつくられますが、

狭義の煎茶ではいわゆる天日を当てて栽培されます。

日本茶の8割は煎茶で占められている?

一方、日本茶の生産量のおよそ8割方は、

実は「煎茶」で占められているのです。

「日本茶」、「緑茶」、「煎茶」と、言い方は違っていますが、

煎茶は日本茶のベースともいえるべきお茶でもあります。

つまり、日本茶と同じ意味で使われることが多いです。

産地やつくり方によって、味や香りには多少の変化が出ていますが、

基本的に煎茶は、さわやかな香りと、

ほどよい渋味・旨味が上手くバランスをとっているのが共通しています。

煎茶にも上級、中級、下級がある?

上級な煎茶の淹れ方で有名なのが、

「低めの温度でゆっくり入れる」というものです。

つまり、旨味成分が多い上級な煎茶(価格が少し張るもの)を美味しく飲む場合には、

お湯の温度を下げることによって、

高温の時に出やすくなる渋み成分を抑えることができるため、

その代わりに旨味をたくさん引き立てることができるのです。

その一方で、煎茶には中級と下級もあります。

では、上級、中級、下級とで、一体何が違うのでしょうか?

簡単に言うと、収穫時期が違うためです。

上級では、その1年に最も早く収穫されたお茶、

いわば一番茶がそれに当てはまります。

一番茶なので旨味成分も中級、下級より多いため、

価格も多少高くなる傾向にあります。

しかし、中級、下級に関しては、

上級よりも旨味成分が落ちてしまうため、

価格も安くなる傾向にあります。

ところで、お茶屋さんに行くと、

パッケージに「上級茶」とは書かれているものの、

「中級茶」とか、「下級茶」などが書かれているということはほぼありません。

これはお茶を売る人の気持ちを考えると自然に分かりますが、

上級ならまだしも、

中級や下級とパッケージに書いてしまったら、

そのお茶はなかなか売れませんよね。

価格が100グラム数百円であるお茶の場合は、その可能性が高いです。

とは言いつつも、中級も下級も、確かに上級よりは旨味が少なくなるものの、

渋味が少し強めの大人な味わいを楽しめるお茶でもありますよ。

尚、上級の場合は70度前後、

中級では80~90度前後で淹れると一番美味しいと言われています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク