日本茶の新茶/一番茶/番茶…具体的な違いとは?

日本の緑茶には、新茶、一番茶、番茶・・・というように、

ある区別の仕方によって呼び名が変わっています。

では、どのような区別の違いで、呼び名が変わるのでしょうか?

実は「新茶」と「一番茶」の違いはない?

「夏も近づく八十八夜~♪」というフレーズを聞いたことはありますか?

これは、文部科学省の唱歌である「茶摘み」という歌のワンフレーズになります。

「八十八夜」とは、立春(現在の2月4日ごろ)から数えて八十八日目のことで、

歌詞の通り、初夏を感じさせる過ごしやすい穏やかな5月のはじめの頃を表します。

地域や年ごとの気候によって、初夏を一番感じるタイミングは変わりますが、

八十八夜の前後のあたりで、一年で最初の茶摘みが行われるのです。

そして、その年ではじめて茶摘みを行って収穫されたものを、

「一番茶」もしくは「新茶」と呼んでいるのです。

「一番茶(新茶)」は、冬の間に茶の樹が冬眠するため、

その代わりに根や葉などに栄養を蓄えておきます。

蓄えられた栄養が多く含まれているのが、

「一番茶(新茶)」として市場に出回るのです。

そのため、「一番茶(新茶)」はあとで摘み取ったお茶(二番茶、三番茶)よりも旨味がたくさん含まれており、

価値も高いことから値段もほかのお茶よりも高めにつけられます。

さらに「一番茶(新茶)」は、

気温が低く日差しもあまりない春のはじめあたりから、

ゆっくりと時間をかけて茶の樹が成長するため、

その間に旨味成分の一つである「テアニン」というものが、

ほかのお茶よりも豊富に含まれているのが特徴です。

旨味成分が豊富なので、単に「渋い」、「苦い」だけのお茶ではありません。

番茶は一番茶より旨味成分が少ないけど・・・

一方「番茶」なると、

旨味成分をたくさん含んだ「一番茶(新茶)」より、

旨味は少し減ってしまいます。

「番茶」は、一番茶を摘み取った後の夏に茶摘みが行われます。

夏は日差しが強いため、茶葉は成長を急速に早めます。

なお、概ね45日前後で茶摘みが行われます。

「番茶」は、一番茶よりも後に茶摘みされることから、

遅い時期に収穫されたという意味を込めて、

「晩茶」から「番茶」に転じたものです。

無論、一番茶よりも旨味は衰え、茶葉の固くなっていますが、

決して美味しくないわけではありません。

番茶も淹れたては香りが良いですし、

後で茶摘みされた分、価格もお手頃なものとなっています。

さらに、健康成分である「カテキン」もたくさん含んでいるため、

日頃から飲むのにはふさわしいお茶でもあります。

一番茶に比べて品質は落ちてしまいますが、

番茶も捨てたものではありません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク