【道幅広く爆走し放題!?】青森市新城・岩渡サイクリング

【道幅広く爆走し放題!?】青森市新城・岩渡サイクリング

新城(しんじょう)・岩渡(いわたり)コースの概要とルート図

【備考】

白線:サイクリングモデルルート
黄色線:やや上り坂
赤線:急な上り坂
水色線:やや下り坂
青線:急な下り坂

※ルート図と勾配の位置はおおまかなものである。

今回のサイクリングは、

青森市西部に位置する新城と岩渡地区を走るコースである。

津軽新城駅を発着する一周型コースに設定してみた。

新幹線が乗り入れる新青森駅からも近いので、

割とアクセスの良いコースとなっている。

ここでは、走る際のポイントや注意点を解説していくので、

ぜに青森でのサイクリングに役立てていただければ幸いである。

全体的に坂が多いので疲労はそれなりに溜まる

新城・岩渡コースは全体的に坂が多いため、

アタックする際にはそれなりの気力が必要になってくるだろう。

ただ、所要時間は1時間もかからないので、

あまり時間を気にせずアタックできるのが嬉しいところ。

また、全体的に坂が多い分、

特に後半戦は爆走できる区間もいくつかあるので、

爽快感がそこそこ味わえるだろう。

前半戦は上り坂対決

前半戦と後半戦は、

ルート図の一番下で分けている。

ご覧の通り前半戦は坂が大半を占めており、

基本的に常時上り坂傾向にある。

住宅街である新城地区も坂が多く、

ところどころには自転車で突破するのが困難な区間もあるため、

油断は禁物である。

森林部分を占める岩渡地区も、

度々坂との闘いであり、

折り返し地点の直前には、

コース内一の上り坂が待ち構えている。

ここは人によっては自転車で突破するのが困難かもしれない。

疲れるのが嫌なのであれば、

いっそのこと自転車から降りるのも良いだろう。

ただ上り坂はすぐ終わるので、

時間が延びることを懸念する必要はあまりない。

後半戦は爆走し放題

前半戦はひたすら坂との闘いなのに対し、

後半戦はスピードを出せる区間が多く連続する、

いわば爆走のオンパレードである。

しかも、近くに青森市のごみ焼却施設があることが影響しており、

一部は3車線が整備され、

車幅がとても広い。

なので、思う存分爆走できる区間が連続してある。

ただ、沿道には工場や事業所も多くあるため、

大型トラックを中心に交通量が多く、

油断していると人生がBANされてしまうので注意が必要だ。

そして、国道7号に出る直前には、

コース内一の下り坂がある。

この区間は思いっきりスピードを出せるので、

爽快感に浸ることができる。

ただ、急カーブがあるのでハンドル操作には注意を払う必要がある。

国道7号を過ぎると、

遂にフィナーレとなる新城地区の緑ヶ丘団地に突入。

車幅は狭いがこの区間も最後にスピードを出せる。

高台から街を見下ろしながら爆走できるので、

ここで達成感を大いに味わえるだろう。

新城・岩渡コースの評価

路面状況:やや悪い

工場用の大型トラックが多く行き交うせいか、

特に前半戦の道路の舗装はボコボコになっている箇所がしばしば見受けられる。

また、沿道にはゴミなどが捨てられており、

中にはガラスの破片も散乱しているほどである。

ガラスの破片は自転車のタイヤを破裂させる要因になるので、

うっかりしていると「プシュー」と逝ってしまう可能性がある。

難易度:レベル4(中・上級者向け)

※1が初級者向け、5が上級者向け

坂も多く何かと疲れるため、

それなりに体力に自信がある人向けである。

小鳥のさえずりが響く森の中を突っ走る気持ちのいいルートであるが、

意外と交通量が多く、

特に大型トラックの行き来が目立つので、

あまり油断はできない。

前半戦は道幅が狭い箇所も多いので、

ハンドル操作は慎重に行う必要があるだろう。

一方、爆走できる区間が2つあるので、

爽快感とゴールした時の達成感の両方を味わえるのが当コースの魅力でもある。

新城・岩渡コースの基本データ

場所 青森市新城、岩渡
START 津軽新城駅
GOAL 津軽新城駅
最寄り駅 津軽新城駅
所要時間 約50分
距離 約11km
路面状況 やや悪い
難易度 レベル4(中・上級者向け)

※所要時間は休憩時間を除いており、当日の気象状況、交通事情、自転車の車種、体調などのコンディションの具合によって変わるので、目安の一つとして参考にしていただきたい。

撮影日:2019年10月21日(月)

アオモリサイクリング&自転車お役立ち情報カテゴリの最新記事