意外と知らない中国茶の効能と成分とは?①

体が不調の時や、健康や美容を維持・向上するときに役立つのが中国茶。

その効能は医学的にも証明されており、

中国茶一つで数多くの症状などを治す働きがあります。

中国茶は、発酵の度合いやつくりかたによって、味も香りもガラリと変わることで、

種類ごとに多種多様な効能を持っているのが特徴です。

中国茶の主な成分とは?

プーアル茶

中国茶に含まれる主な成分として、

「ビタミン類」、「ポリフェノール」、「カフェイン」、「テアニン」などがあります。

ポリフェノールは複数の物質で構成されており、

そのうち約70%は、

お茶の渋味成分である「カテキン類(タンニンの一種)」によって占められています。

カフェインはお茶の苦味成分、

テアニンはアミノ酸の一種で、甘味と酸味成分(旨味成分)によって成り立っています。

発酵度が低い中国茶になるほど、

ビタミンA、B1、B2、C、Eのビタミン類は多く含まれ、

また、中国茶のビタミンは他の食材に含まれているビタミンよりも働きが強く、

吸収されやすい性質を持っています。

成分 効能
ビタミン類 主に美肌効果、消化促進、脂肪分解作用
ポリフェノール・カテキン類 主に血圧抑制、抗酸化、抗菌、整腸作用
カフェイン 主に利尿作用、集中力増強、新陳代謝促進、疲労回復

高いリラックス効果があると言われている中国茶は、

医学的にもその効能の強さが証明されています。

また、中国茶は発酵度によって得られる効果も大きく異なるため、

症状や目的に合わせて選ぶとより効果的です。

基本的には、高い発酵度であるお茶は体を温め、

低い発酵度であれば体の熱下げる働きがあるので、

あなた自身の体調のことを考えて飲むようにしましょう。

中国茶が持つ症状回復効果とは?①

利尿作用

中国茶に含まれるカフェインには、高い利尿作用があります。

腎臓に潜む毒素を排出することで、

むくみや膀胱炎、肝機能の向上などの効果があります。

特に緑茶はカフェインが多いです。

老化予防

中国茶に含まれるポリフェノールとビタミン類には、

老化を予防する働きがあります。

そのうちポリフェノールを多く含むウーロン茶には、

脂肪の吸収を抑え、コレステロールを減らす効果があることから、

それによって新陳代謝を促進し、老化予防につながります。

冷え性予防

女性に多い冷え性の原因は、自律神経の乱れや、体温調節機能が低下しているためです。

予防としては、ウーロン茶を飲むと体を温めることができ、

同時にリラックス効果も得られます。

完全発酵茶である紅茶でもリラックス効果が得られ、保温効果も期待できます。

便秘解消

水分不足や食生活の乱れによって起こりやすくなる便秘は、

ポリフェノールが多く含まれているウーロン茶などを飲むことで解消につながります。

胃腸の働きを活発にさせるため、便通を良くします。

ストレス解消

イライラしたときなど、心を落ち着かせる時には、

香りの高い紅茶や花茶(ファンチャ)が効果的です。

これらには、アロマテラピーの働きがあり、

さらにビタミンCとEがストレスを和らげる作用があります。

1か月返金保証付きお試し20%OFF!




【参考文献】劉泱昊(りゅうようこう)(1981)『中国茶 きれいにやせて美しく』 実業之日本社.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク