疲労を回復する中国茶とは?黄金桂

疲労がたまるとはどういうこと?

疲労を3つに大きく分けると、

肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労に分けることができます。

肉体的疲労の主な原因として挙げられるのは、

筋肉を動かすために必要となるエネルギーが不足している、

または、疲労物質(乳酸)が溜まっていることです。

筋肉を動かすためにも、エネルギーが十分に足りていないよな状態だと、

力を発揮することができなくなります。

また、糖質が分解されてエネルギーとなる際、乳酸という成分が生成されます。

筋肉は酸性に弱いことから、乳酸が必要以上に溜まっていくと、

十分に体を動かせなくなってしまいます。

その原因によって、疲れやだるさを感じるようになったり、

筋肉が張ったりするなどの現象が現れ始めるのです。

さらに、同じ姿勢のまま長時間続けることによっても、乳酸が溜まるようになり、

筋肉の動きが鈍くなってしまいます。

筋肉は、定期的な運動をしないと萎縮し、次第に働きが弱くなります。

体を動かさないことで、ますます疲れやが溜まりやすい体になってしまうので、

適度な運動は必須です。

一方、精神的疲労というのは、

人間関係や悩み事などのストレスが原因で起こるものです。

神経的疲労とは、長時間のパソコン作業などによって、

視神経や脳が緊張した状態が続くことによって起こるものです。

このような3つの疲れは、互いに関係しあっているため、

できるだけ溜めないようにしておくことが大切です。

そのためには、睡眠や運動、食事といった生活習慣の見直しも忘れずに行いましょう。

黄金桂と疲労回復の関係とは?

中国茶の黄金桂(おうごんけい)には、カフェインの成分が多く含まれています。

青茶のなかでも発酵度が低いため、カフェインはほかの中国茶よりも多く、

高い利尿作用が期待されています。

利尿作用では、尿を自然に排出することで、

体に溜まった疲労物資である乳酸を、体の外へ排出する働きがあります。

いわゆるこれは、デトックス効果ということになります。

さらに黄金桂には、キンモクセイに近いおだやかな香りがあり、

アロマテラピー効果も期待されます。

脳に気持ちの良い香りが伝わることで、

全体的な疲労回復効果が黄金桂では可能です。

黄金桂の詳しい特徴とは?

黄金桂(おうごんけい)は、中国南東部に位置する福建省安渓県が生産地です。

4月中旬から5月中旬にかけて行われる春茶と、

9月以降に採れる秋茶の2種類があります。

茶葉は、ランダム方向にねじれた形をしており、

同じ福建省が産地の鉄観音茶ともよく比較されます。

香りはさわやかな口当たりで、キンモクセイに近いような甘い香りが特徴です。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク