ストレスを和らげる中国茶とは?君山銀針

ストレスがたまると、どういう症状が起きるのか?

そもそもストレスとは、外部から伝わってくる、

心理的、感情的、環境的、物理的なものによる刺激や負荷のことを言います。

ストレスが溜まる要因としては、仕事や人間関係、睡眠不足などがあげられます。

仕事によるものの場合では、作業の量が多かったり、

仕事時間が長くなり、休みの時間が減ることでストレスが発生したりします。

量だけではなく、責任重大の仕事を請け負ったり、技術的に難しい仕事の場合など、

仕事の質によるストレスというものもあります。

一方で、暇な時間が多すぎることで、ストレスが発生することもあります。

仕事のほかにも、職場やプライベートの場問わず、

人間関係によるストレスは、

現代人にとっても密接な関係にあるものと言っても過言ではありません。

人間関係によるストレスが過剰になると、健康的にも大きなダメージを与えます。

そして、ストレスをため続けることで、

さまざまな症状を引き起こす可能性が高まってしまいます。

そのうちの一つである急性胃炎では、ウイルスやピロリ菌による感染、

食中毒、アレルギーなどが原因で胃の粘膜がただれ、

キリキリと痛みを感じることがあります。

胃痛の他にも、吐き気や下痢を引き起こすケースもあるなど、

ストレスによって生じる急性胃炎は、甘く見てはいけない症状なのです。

中国茶の君山銀針はストレス解消とどう関係があるのか?

君山銀針(くんざんぎんしん)は、甘い蜜のような香りが放たれるお茶であり、

それにはアロマテラピー効果があると言われています。

中国、清の時代の皇帝である乾隆帝へ献上するために、

この君山銀針というお茶を差し出したという記録が残っているほど、

格式高いお茶でもあります。

そんな君山銀針に含まれるアロマテラピー効果やリラックス効果により、

現代人の悩みであるストレスを和らげる働きがあることが期待されています。

君山銀針の詳しい特徴とは?

中国茶の君山銀針(くんざんぎんしん)は、黄茶に分類される代表的なお茶であり、

年間の生産量は数百キログラムしかない、とても貴重なお茶なのです。

そのため、昔は上流階級の人々でしか飲むことができないような、

希少価値の高いお茶というイメージが強かったのです。

君山銀針の茶摘みの時期は、清明節である4月5日前後に始まり、

10日間以内で終了するため、

中国茶の中でも特に短期間で茶摘みが終わります。

茶葉は、白毫という白い毛が生えており、

緑がかった黄金色をしているのが特徴的です。

生産地は、中国南部に位置する湖南省岳陽市という町であり、

洞庭湖に浮かぶ小さな君山島でしか採れないことから、

君山銀針の名がつけられました。

香りは、甘い蜜のような味わいに、淡い甘さが加わった風味となっており、

上品な舌触りが特徴です。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク