むくみ予防・解消が期待できる中国茶とは?恩施玉露

そもそもむくみとは、どういう症状なのか?

むくみとは、身体の中に含まれる水分の分布が変化した状態のことを言います。

したがって、単純にむくみというだけでの場合、病気でないことが多いです。

尚、医学用語では「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれています。

人間の身体は60%が水分で成り立っており、

そのうち細胞の中には3分の2が、

細胞の外には3分の1の割合でそれぞれ含まれています。

血液が流れる毛細血管の壁には、とても小さい穴があり、

細胞間質液には、毛細血管からしみ出した酸素や栄養素を細胞に届け、

細胞の代謝によって生成された二酸化炭素や老廃物を、

毛細血管に戻すという働きがあります。

このように、むくみは何らかの原因によって、

毛細血管からしみ出す水分量が増えたり、

もしくは細胞間質液から血管に戻す量が減り、

細胞間質液が多くなることで起こるものです。

例えば、朝起きた時に、まぶたや頬が膨らんでいたり、

夕方になると、靴が入らなくなる、足首が太く感じられるといったような現象も、

むくみによる症状のものです。

そして、むくみが起こる要因としては、睡眠不足や水分・塩分の摂りすぎ、

同じ姿勢での作業や、長時間の立ち作業などがあげられます。

症状が長く続いているという場合は、

速やかに医療機関で受診することをおすすめします。

中国茶の恩施玉露はむくみ予防・解消とどう関係があるのか?

中国茶の恩施玉露(おんしぎょくろ)には、

「カフェイン」の成分が多く含まれています。

「カフェイン」には、高い利尿作用があることで知られており、

カリウムや塩分、尿酸といった老廃物を取り除き、

体内の水分を正常の水準にキープする働きがあります。

むくみの予防・解消をするためには、

「カフェイン」による利尿作用を活用して、

体内の水分量をバランスよく保つことがポイントとなります。

また、恩施玉露では、

このほかにも腎臓や膀胱炎の機能向上にも期待できると言われています。

恩施玉露の詳しい特徴とは?

恩施玉露(おんしぎょくろ)は、中国緑茶に分類されるお茶です。

湖北省恩施市で生産されていることから、この名がつきました。

最近の中国茶では珍しい、

古くからの工程である「殺青(さっせい)」という方法を取り入れています。

殺青では、茶葉を加熱して酸化・発酵を止めてつくられます。

茶摘みの時期は、清明節である4月5日前後から、

穀雨の4月20日前後までの、比較的短い期間となっています。

茶葉は細長い形をしており、白毫と呼ばれる白い毛が、

甘味を生むと言われています。

濃い緑色をしており、ツヤも確認できます。

日本茶に似たような苦味が感じられる一方で、

白毫による甘味も確認できます。

また、茶葉と水色が鮮やかな緑色を保つものが、

品質が優れているものと言われています。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク