便秘解消・予防が期待できる中国茶とは?水金亀

そもそも便秘とは、どういう症状なのか?

便秘とは、便に含まれる水分が少なくなり、便が硬くなる状態のこと、

もしくは、便の通り道である腸管が狭くなり、

排便が困難になったり、排便の回数が極端に減少した状態のことをいいます。

便秘を引き起こす要因としては、

第一に不規則な食事や生活が挙げられます。

不規則な食事とは、食物繊維や脂質、水分といった摂取量が不足しがちになっていたり、

ビタミンをはじめとした栄養が少ないことを意味します。

便秘の予防や解消をするためには、

まずは食事と生活を含めた、基本的な生活習慣の見直しから行うことが大切です。

便秘になると、便通が滞るようになるだけではなく、

腸内に長く溜まっていた便の腐敗などが進行することによって、有害物質がつくりだされ、

腹痛や不快感、吐き気などの症状を引き起こす恐れがあります。

さらに悪化すると、腸内の環境がますます悪くなるので、

今度は大腸がんにかかるリスクも高まってしまうのです。

便秘を予防・解消するためには、

規則正しい食事や適度な運動、生活習慣を必ず継続するようにしましょう。

尚、便秘を解消するために、薬を服用して治すという方法もありますが、

これでは腸内を刺激し、さらに悪化する可能性があるので、

あまりおすすめできません。

できるだけ食生活の改善から見直していくことがポイントとなります。

中国茶の水金亀は便秘予防・解消とどう関係があるのか?

水金亀(すいきんき)とは、中国茶の青茶の一種であり、

その中でも武夷岩茶(ぶいがんちゃ)という種類に属するお茶のことを言います。

尚、中国茶の青茶とは、日本で言うウーロン茶と同じであることから、

水金亀とウーロン茶は、理論上でいうと比較的近い関係にあります。

水金亀には、青茶にしか含まれていない、

独自成分である「ウーロン茶ポリフェノール」が含まれています。

ウーロン茶ポリフェノールには、新陳代謝を促進させる働きがあることから、

胃腸の運動を活発にさせ、便秘予防・解消効果が期待されています。

もちろん、便秘薬のような強く即効性があるまでの効き目はありませんが、

お茶の香りを楽しみながら、習慣化していくことで予防と解消が期待できます。

水金亀の詳しい特徴とは?

水金亀は、中国の南東部に位置する、

福建省武夷山市という地域で生産されているお茶です。

最近人気が上昇している青茶の一種である武夷岩茶(ぶいがんちゃ)は、

福建省にある標高1155メートルの武夷山で栽培されており、

水金亀もこの武夷山周辺で栽培がおこなわれています。

茶摘みの時期は5月中旬のみと、ほかの中国茶よりも限定的な期間となっています。

また、岩韻と呼ばれる特有の残り香がやさしく漂い、さわやかな風味が特徴的です。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク