消化不良予防が期待できる中国茶とは?桂花茶

そもそも消化不良とは、どういう症状なのか?

消化不良とは、筋肉、神経、器官などの身体的な疾患は見られないものの、

胃腸の働きが低下して、胸やけ、吐き気、食欲不振など、

さまざまな症状が慢性的に引き起こされる症状のことを言います。

通常なら、食べたものは胃腸の運動や胃酸、消化酵素などによって消化され、

吸収されやすくするために小さい形になるのですが、

消化不良が起こることで、食べ物が吸収されにくくなります。

消化不良を引き起こす要因として考えられるのが、

食べ過ぎや飲みすぎにあります。

脂肪分の多い食べ物を多く摂ったり、

アルコールや炭酸飲料などの飲みすぎなども、

胃酸の分泌に不調が起き、消化酵素を分泌するすい臓の機能も低下することで、

消化不良を引き起こしやすくなってしまうのです。

あとは、早食いをすることもよくありません。

早食いをすると、

食べ物が消化しやすいような形になるまで噛み砕かれないまま胃に運ばれるので、

消化に時間がかかってしまい、消化不良を起こしやすくなります。

もう一つの要因としては、長期的なストレスにあります。

ストレスが長く続くと、自律神経のバランスが乱れ、

次第に胃腸の機能も低下するので、消化不良のリスクが高まってしまいます。

中国茶の桂花茶は消化不良とどう関係があるのか?

桂花茶(けいかちゃ)とは、中国茶の一種であり、

中国語では「キンモクセイ」という意味があります。

桂花茶は、古くから中国で消化を助ける働きがあることで知られており、

食べ過ぎや飲みすぎ、脂分の多い食事の摂りすぎの際には、

この桂花茶を飲んで対策を取っていたと言われています。

胃もたれで重く感じる、というときに、

桂花茶に入っている花の香りを嗅ぐことで、

胃がすっきりするというメカニズムのようです。

また、桂花茶に含まれるキンモクセイの香りには、

アロマテラピーの効果があるため、

気分をリフレッシュさせる働きも期待されています。

桂花茶の詳しい特徴とは?

桂花茶は、中国茶の花茶に分類されるお茶です。

日本でも馴染みのある、いわばジャスミンティーは、この花茶に分類されます。

桂花茶の産地は、四川省や湖北省、広西チワン自治区など、

中国各地に点在しており、ほぼ中国全土に広がっています。

収穫の時期は、キンモクセイのがつぼみを付け始める秋ごろであり、

茶葉もキンモクセイの花そのものを使用しています。

また、桂花茶では、花の大きさ色を区別するために、

金桂、銀桂、丹桂、四季桂の4つの呼び方が存在しています。

香りは、キンモクセイの独特な芳ばしい香りが特徴的です。

中には、緑茶やウーロン茶、紅茶などと混ぜたブレンド茶もあり、

こちらも上品な香りと甘味を楽しめる一杯となっています。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク