胃炎予防が期待できる中国茶とは?黄山毛峰

そもそも胃炎とは、どういう症状なのか?

胃炎とは、ストレスや感染、損傷、薬、免疫系の病気などから発症する症状であり、

その要因はさまざまなものが考えられています。

胃炎の症状が起こることによって、

腹痛や腹部不快感、吐き気などを引き起こしてしまいます。

しかしながら、胃炎自体ににかかったとしても、

基本的に症状はほとんどみられません。

症状が発生するときは、原因によって症状が異なり、

胃痛、吐き気、不快感などが引き起こされ、

これらの症状が単に「消化不良」とまとめて診断されることもあるためです。

また、胃炎と言えば、特に日本人に多い症状ともいわれています。

最近のストレス社会などが原因として、

緊張やストレスからくる胃痛がとても多くなっている傾向にあるようです。

これに対し中国では、

日本人は「神経質になりすぎだ」とまで言われるほど、

日本ではストレス社会が進行しているようです。

確かに、細かい気配りというのは、

日本人ならではの「美徳」というようなものかもしれませんが、

あまりにも細かい気配りをすると、

次第にその行為がストレスになり、胃炎の原因をつくってしまうので、

ある程度の大らかさも取り入れていく必要もあるかと思います。

中国茶の黄山毛峰は胃炎とどう関係があるのか?

日本人によくみられる、緊張やストレスが原因で胃炎になるケースですが、

これを中国緑茶の「黄山毛峰(こうざんもうほう)」を飲むことによって、

胃炎の予防が期待できると言われています。

特に、ストレス性の胃炎に関しては、

緑茶に含まれているアミノ酸の一種である「テアニン」の摂取が有効的です。

この「テアニン」を摂ることによって、

脳にあるリラックス状態を示すα波が放たれる、

という現象が分かっているためです。

つまり、黄山毛峰をはじめとした緑茶には、

α波を出すリラックス効果があるということになります。

ストレスや緊張を和らげるときには、

この「テアニン」を含んだ緑茶を飲むと効果的と言われています。

さらに、同じく緑茶に含まれる「カテキン」という成分にも、

胃腸の調子を良くするための働きが入っているので、

まさに緑茶は、日本人にピッタリなお茶と言っても過言ではないのです。

そして、さまざまな種類が存在する緑茶の中でも、特に黄山毛峰に関しては、

緑茶でありながら甘味も楽しめ、繊細で優しい風味が特徴のお茶です。

古くから中国の詩人なども、リラックス効果を取り入れるために、

黄山毛峰を愛飲していたと言われています。

黄山毛峰の詳しい特徴とは?

黄山毛峰は、中国の東部に位置する、

安徽省(あんきしょう)黄山市で主に生産がおこなわれている中国緑茶です。

茶摘みは清明節(4月5日前後)から穀雨(4月20日前後)までの、

比較的短い期間の間に行われています。

茶葉は黄色がかった緑色をしており、

白毫という、白い産毛に覆われたものほど価値が高いとされています。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク