高コレステロール血症に効果的な中国茶とは?洞庭碧螺春

高コレステロール血症ってどんな症状なの?

多くの日本人を悩ますのが、「生活習慣病」です。

高コレステロール血症は、そのうちの一つに分類される症状です。

しかしながら、コレステロール自体は、

“体に悪いもの”というわけではありません。

つまるところ、コレステロールには体によいタイプもあれば、

悪いタイプもあるということです。

俗に言うと、体によいのは「善玉コレステロール(HDL)」であり、

反対に体によくないものは「悪玉コレステロール(LDL)」となるのです。

基本的にコレステロールには、このように2つの種類があり、

文字通り、善玉コレステロール(HDL)が増えれば増えるほどよく、

悪玉コレステロール(LDL)が増えれば増えるほど体によくないということになります。

具体的な数値としては、

悪玉コレステロール(LDL)の値が140mg/dlを超える場合は、

高コレステロール血症として診断されます。

高コレステロール血症では、悪玉コレステロール(LDL)が過剰に増えると、

血管内の壁に脂質が溜まっていき、

血液の流れが悪化してしまいます。

これにより動脈硬化などを引き起こす可能性が、大いに高まってしまうのです。

高コレステロール血症対策には中国緑茶の洞庭碧螺春!

悪化すると、動脈硬化を引き起こす高コレステロール血症ですが、

それを予防することが期待されるお茶があります。

それは、中国緑茶の「洞庭碧螺春(どうていびろちゅん)」という名前のお茶です。

そもそも緑茶には、「カテキン」や「ビタミンC」といった、

高い抗酸化作用が備わっている成分が多く含まれています。

抗酸化作用では、体内の血管や細胞などの劣化を予防するだけでなく、

悪玉コレステロール(LDL)が酸化するのを防ぐ働きも確認されています。

一方、中国緑茶の洞庭碧螺春は、

血行を良くするお茶として、

中国では多くの人々の間で飲まれているものです。

また、洞庭碧螺春は香りがとても良いと言われています。

中では、「嚇殺人香」と呼ばれ、

人を殺すほどの茶葉から放たれる良い香りがするお茶という印象があるほどです。

このように洞庭碧螺春は、

高コレステロール血症対策として効果的な中国緑茶ですが、

そのほかにもたくさん種類がある中国緑茶の中でも、

香りがよく、甘みがある飲みやすいお茶なので、

毎日の食生活を見直すことを踏まえても、続けやすいものでもあります。

洞庭碧螺春の特徴とは?

洞庭碧螺春は、中国東部の沿岸部に位置する江蘇省呉県市が主な産地であり、

毎年春分から穀雨(4月20日前後)にかけて茶摘が行われます。

螺旋状のような茶葉の形が特徴的であり、

茶葉に産毛が生えているものは高級品とされています。

果物や花の香りがあり、甘みが少し強めで上品な風味となっています。


【参考文献】董占軍(とうせんぐん)(2012)『茶のチカラ‐薬になる中国茶図鑑』.講談社

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク