お茶が固い!?ちょっと意外な中国茶の歴史とは?

お茶のすべては中国発祥?当初は貴族しか飲めなかった?

中国の神話「茶経」によると、お茶が生まれたのは紀元前2737年のこと。

「茶経」は、唐の時代のお茶の生産地である中国・湖北省の文人陸羽が書いたもので、

これにはお茶の起源やつくり方、保存方法や歴史など、

お茶に関する様々な情報が記載された、いわばお茶の専門書です。

茶経に出てくる神農氏という人物が薬を求めて山に登り、

あらゆる草木を採取しては食べ、

時には毒に見舞われるなどしたものの、

その都度お茶の葉で毒消しを行っていたという記録があります。

そして、世界的に親しまれているお茶には、様々な種類がありますが、

日本茶や紅茶、プーアル茶など、これらすべては名前は違えども同じお茶なのです。

また、すべての種類のお茶の発祥は、

中国西南部に位置する雲南省、貴州省、四川省といった山間部と言われています。

尚、すべてのお茶の葉はツバキ科の常緑樹に分類され、

そこから品種改良を重ねることによって多種多様なお茶が生まれます。

中国茶=薬という認識は2500年以上にわたって続き、

紀元前1世紀ごろになると、

お茶=飲み物という認識に変化していきました。

ところが、お茶の葉は自然に自生しているものしかなかったため生産量はとても少なく、

お茶を飲むことを許されたのは貴族などの上流階級の人々が中心で、

一般庶民にとってお茶というのは少し遠い存在だったのです。

一般庶民を含む多くの人々にお茶が浸透したのは、

唐の時代(7~10世紀ごろ)になってからのことで、

長安や洛陽などの中国の都市部を中心にお茶の販売店も立て続けに現れ、

ようやく一般庶民の間でも飲まれるようになりました。

昔のお茶は固かった?

唐の時代のお茶というのは、今のような葉茶とは違い、

お茶の葉を摘んだ後に蒸す工程を加え、

その後臼で餅を搗くようにして、

餅状に固めてつくられた「固形茶」と呼ばれるスタイルでした。

しかも、飲むときは固まった状態のお茶を専用の器具で砕く必要があります。

当時はその固形茶に加えてショウガや甘草、塩などをブレンドして飲んでいました。

その後固形茶の製造方法が変わっていき、

元の時代(13~14世紀)では北方の騎馬民族との交流が生まれたのをきっかけに、

騎馬民族らがビタミンCを補給するために、

お茶にはバターや牛乳などを入れて飲んでいたのです。

固形茶が葉茶へと移り変わったのは明の時代(14~17世紀)になってからで、

これまで茶葉を蒸すつくり方から、

釜で炒るスタイルへと大きく変わります。

そして国は、「お茶に何も加えずにそのまま飲むのが良い」と勧めていましたが、

当時の庶民の間では、従来のお茶に何かを混ぜて飲むほうが親しみを感じるということから、

国が推奨していた飲み方のスタイルはあまり普及しませんでした。

その歴史もあって、今でこそ世界的に飲まれるようになった、

ジャスミンティーといった「花茶(ホアチャ)」がこの時代に登場したのです。

日本へお茶が伝わったのは?

お茶の発祥は中国です。

一方、日本にお茶の存在が知れ渡ったのは奈良時代と言われています。

西暦729年の聖武天皇が、朝廷で僧侶を集めてお茶を賜ったと記録があります。

日本でも同じく、当初はお茶を薬として扱われ、

遣唐使などが病気を治すために使っていました。

平安時代になると、嵯峨天皇がお茶の栽培をもっと拡大せよと命じるのですが、

やはり飲む用としては浸透せず、

一般庶民にまでは広まりませんでした。

ようやく普及が進んだのが鎌倉時代に入ってからで、

臨済宗を開いた栄西が、

中国で学んだお茶の飲み方を日本に広めたのがきっかけだったのです。


【参考文献】劉泱昊(りゅうようこう)(1981)『中国茶 きれいにやせて美しく』 実業之日本社.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク