中国茶を正しくかつ美味しく飲むためにはどうすればいい?

一般の人がいきなり中国茶を買うのはリスキーなこと?

プーアル茶

中国茶には、実に1000種類以上にも及ぶほどの、膨大な数のお茶があります。

それと同時に、種類によって様々な茶葉の形をもち、

値段の幅も大きく変わります。

そんな十人十色な中国茶ですが、

一般の人が何も知らずにいきなり買ってしまうのは、

なかなかリスキーなことです。

なので、一般の人が買う場合、

まずは最も信頼できる中国茶の専門店を見つけるところからはじめましょう。

最近では、中国や台湾へ旅行に足を運ぶという人も多くなっているため、

旅先でお土産として中国茶を買う機会も増えてくることだと思います。

しかし、買ってみてふたを開けたところ、

品質が悪かったり、味がよくなかったり・・・

そのような失敗の可能性があります。

中国茶の正しい選び方とは?

中国茶の醍醐味と言えば、なんといっても香りを楽しむことです。

実際、中国茶では、日本茶以上に香りを大切にする習慣があり、

プーアル茶やウーロン茶も、香りが特徴のお茶です。

では、中国茶を選ぶうえで抑えておきたいポイントには、何があるでしょうか?

ここでは、特に抑えておくべき8つのポイントについて、ご紹介します。

①茶葉の形がきれいに整っているか?

②茶葉の色つやが良いか?

③茶葉に異物などが混ざって入っていないか?

④茶葉のサイズがバラバラになっていないか?

⑤茶葉のひねりの具合は緩くなっているか?

⑥水色(すいしょく)はきれいか?

⑦香りは良いか?

⑧味は奥深さがありまろやかか?

以上の8つが、中国茶を選ぶうえで欠かせないチェックポイントとなります。

勿論、これ以外にも細々とした選び方はあるのですが、

ここでは必ず抑えておきたいポイントに絞っています。

実際、中国茶を目の前にすると、種類自体がたくさんあるため、

一般の人が完璧に見分けるのは、かなり難しいことです。

しかし、先ほどの重要な8つのポイントを抑えておくことで、

中国茶の専門店へ足を運んだ際に買うときでも、

大きな失敗をする心配はないでしょう。

正しい中国茶の保存方法とは?

中国茶の多くは、微生物の力を利用して発酵している発酵茶であることから、

日本茶よりも比較的長持ちします。

ただし、以下の点には注意しましょう。

①直射日光から遠ざけ、光を通しやすい透明な袋や入れ物に保存しないようにする。

②湿気の高い場所を避けるとともに、茶缶に乾燥剤を入れて保存するようにする。

③香りが強いものから距離を置き、香りが茶葉に移らないようにする。

以上の3つの項目を抑えることで、

より中国茶が美味しく飲める保存期間が長くなります。


【参考文献】成美堂出版編集部(2000)『香りを楽しむ中国茶の辞典』.成美堂出版

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク