青茶にはどんな種類や特徴があるの?味や香りは?

あのウーロン茶も実は青茶だった!?

中国茶の一つである青茶。

実は日本でも馴染みのある、あのウーロン茶も青茶だったのです。

ウーロン茶と言えば、ダイエット効果がある飲み物として一時期ブームになりましたが、

青茶ではこのほかにも、凍頂烏龍茶や鉄観音、武夷岩茶などが有名であり、

その種類はほかの中国茶と比べてみても、比較的多くなっています。

青茶にはどんな種類があるの?

凍頂烏龍茶

凍頂烏龍茶(ドンディンウーロンチャア)は、

台湾の南投県鹿谷郷凍頂山の周辺でつくられているウーロン茶です。

茶葉はきつめに締まっており、丸く帯びた形をしているのが特徴的です。

味や香りについては、コクのバランスが保たれており、

まろやかな舌触りで飲みやすい故、人気も高くなっています。

尚、茶葉を摘み取った季節によって、

味に微妙な変化が現れるのも面白いところです。

春に摘み取られた春茶であれば、香りは高くなりますが、

冬に摘み取られた冬茶であれば、深い味わいが醸し出されるといいます。

東方美人

東方美人(ドンダンメイレン)は、

台湾だけでしかつくられていない青茶です。

日本でも知名度が比較的高いこの東方美人は、

“香檳烏龍”または白毫烏龍”とも呼ばれることがあり、

欧米諸国では”フォルモサウーロン”の愛称で親しまれています。

青茶の中で発酵度が一番高いが故、

紅茶の風味と少し似ている味わいであり、

フルーティーな甘い香りと、はちみつのような甘味を堪能できる、

ウーロン茶の中でも人気が高い種類です。

安渓鉄観音茶

安渓鉄観音茶(アンシーティエグアンイン)は、

福建省の南側に位置する安渓県西坪郷で主につくられている青茶です。

鉄観音という名前は、茶樹の品種名から来ており、

原産地が安渓として知られています。

茶葉はしっかりと引き締まった黒色をしており、

味や香りについては、ちょっとのほろ苦さと丁度良い甘味が交錯し、

爽やかな舌触りになっています。

特に、油分が多いお食事の後などに飲むと、

さっぱりとした味わいを楽しむことができ、

ダイエット対策としてもちょうどよく使えます。

鉄観音

鉄観音(ティエグァンイン)は、青茶の中でも知名度が高いお茶であり、

中国では食後に飲む人が多くなっています。

カテキンが多く含まれることから、

脂肪を減らす効果が期待されています。

鉄観音という名前は、

「鉄のようにどっしりとしていて、黒色の茶葉の、香りが高い、

観音様のようなお恵みのお茶」

というのが由来となっています。

大紅

大紅袍(ダーホンパオ)は、武夷岩茶の四大名叢の一つである青茶です。

樹齢300年以上という有数の老樹から生産されるお茶であるがゆえ、

採れる量はかなり少なくなっています。

したがって現地では、「幻の岩茶」とも呼ばれています。

味や香りは、花の匂いが強調された濃厚な風味が特徴です。

日本では知名度がかなり高い人気の青茶となっていますが、

一方で本場中国では、緑茶がよく飲まれているがゆえ、

あまり知名度は高くなっていません。


【参考文献】成美堂出版編集部(2000)『香りを楽しむ中国茶の辞典』.成美堂出版

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク