青茶って何?どんな特徴やつくり方があるの?

中国茶の青茶ってどんなお茶?

青茶(チンチャア)は、中国茶の中でも種類が豊富であり、

半発酵茶に分類されるお茶です。

実は青茶は、日本でもかなり馴染みのあるお茶だということを知っていますか?

スーパーでも売られているウーロン茶は、

この青茶のグループに入るからです。

また、こちらも人気のある鉄観音も青茶に分類されます。

このように、青茶は日本で最も馴染みのある中国茶なのです。

同じウーロン茶でもその性質はいろいろある?

半発酵茶に分類される青茶ですが、

その発酵度の具合は種類によって異なります。

半発酵茶の発酵度の定義としては、

だいたい15~70%とされていますが、

これはお茶によってその数値が変わります。

日本でも馴染みのあるウーロン茶や鉄観音は青茶に分類されますが、

もともとウーロン茶というのは、

「烏龍」という品種の茶樹からつくられるお茶のみしか、そう呼ばれていませんでした。

しかし最近になってから、

青茶の総称としてウーロン茶という名前が使われるようになったのです。

そして、この青茶に使われる茶樹はたくさん存在し、

その数は実に数百種類以上に及ぶほどの膨大な数があります。

ところがその反面、生産地は福建省や広東省、

そして台湾の3地域でしかつくられていません。

使われる茶樹は多いのに、生産地は3か所しかないというところは、

ちょっと面白いですね。

また、つくり方も銘柄によって微妙に異なりますが、

酸化酵素の働きを利用して茶樹の成分を分解させることで、

どれだけ青茶の芳ばしい香りを醸し出すことができるかを重視しながらつくっているのです。

青茶ではダイエット効果も期待できる?

ウーロン茶が日本に伝わって、

一時期ブームになった時代がありましたが、

それはCMなどを通して、

ダイエット効果があると有名になったのが影響しています。

因みにウーロン茶だけでも、凍頂烏龍茶や鉄観音など、

数多くの種類が存在していますが、

いずれも血液中に含む中性脂肪などを減らす作用があると言われており、

多くの日本人を悩ます生活習慣病などの予防や、

ダイエット対策に使えるとされています。

特に、油分の多い食事の後に飲むことで、

中性脂肪の分解が促進されるようです。

後味もサッパリしているので、

油分の多い食事にはピッタリな味わいになっています。

青茶はどうやってつくられるの?

青茶では主に5つの作業工程が取り入れられています。

製造工程を順番に並べてみると、

萎凋(ウェイディアオ)→揺青(ヤオチン)→殺青(シャーチン)→揉捻(ロウニエン)→供焙(ホンベイ)

このような製造過程を経てつくられています。

萎凋では、生茶を日光と室内の2段階で酸化酵素の働きを促進させ、

揺青では、室内で発酵を行う萎凋と同じタイミングで茶葉を動かし、攪拌させ、

殺青では、酸化酵素の働きを止め、

揉捻では、殺青した茶葉を揉み、形を整えて味や香りを掻き立て、

供焙では、竹篭に揉捻した茶葉を入れ、低い温度で長時間乾燥させます。

このような5つの作業工程を、青茶では取り入れています。


【参考文献】成美堂出版編集部(2000)『香りを楽しむ中国茶の辞典』.成美堂出版

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク