お気に入りの中国茶を見つけるためのテクニックって?

お茶の発祥の地である中国には、

日本にも負けないほどの多種多様な中国茶があります。

他の記事では、中国茶に関するいろいろな豆知識などをご紹介していますが、

中国茶の魅力を芯に感じてもらうためには、

やはり飲んでみないと分かりません。

今までは美味しいイメージがあまりなかったけど、

中国茶を飲んでみて、はじめて魅力にはまったという人もたくさんいます。

そして、ご自分のお気に入りのお茶を見つけるためには、

実際に中国茶を売っているお店へ足を運び、

専門店のスタッフと相談しながら選ぶのが最も近道です。

中国茶は、その数1000種類以上。

さすがに全ての種類が1つの専門店で売られているわけではありませんが、

そんな豊富な種類の中から、

自分の好みに最もマッチングしたものを選ぶのはワクワクするものです。

ここでは、美味しい中国茶を選ぶために、

いくつかの方法をご紹介します。

まずは専門店へ足を運んでみる

一般の人が自分の好みにマッチした中国茶を選ぶのは、

専門家ではない限り、とても難しいことです。

中国茶は1000種類以上あると言われており、

中には日本に入ってこない、とてもマイナーなお茶もたくさんあるほどです。

したがって、まずは実際に中国茶の専門店へ足を運び、

自分に合いそうなお茶を飲み比べてみるのが確かな方法です。

“百聞は一見に如かず”ではありませんが、

ご自身で実際に飲んでみて、

香りや味を自分の舌で感じてみるのが一番確実な方法です。

不良品には要注意!

今では、日本でもプーアル茶やウーロン茶のような中国茶は簡単に手に入れることができます。

特に、ダイエットや便秘解消を目的として買う人も多いことでしょう。

ただ、簡単に中国茶を買うことができるのは良いものの、

それと同時に正しい製造方法でつくられていない、

いわば不良品のような中国茶もその中に紛れ込んでいるのです。

例えばプーアル茶の場合、

通常であれば発酵するのに1~2年が最低限必要な期間なのですが、

品質の良くないものだと、大量生産が優先されることでその期間を短くし、

無理やりカビを付けて発酵をかけたりしているお茶もあるのです。

このような不良品ともいえる中国茶を買わないためにも、

実際に自分の舌で確かめることは必須とも言えます。

良質な中国茶の見分け方は?

プーアル茶

お湯を淹れると茶葉が柔らかくなり、1枚の葉になって広がるものは、

品質が良い中国茶の証拠です。

一方で、茶葉の形が欠けていたり、

すぐにバラバラと崩れてしまうものは、

正しい製造方法でつくられていない可能性があります。

また、苦味や渋みが強いものも、その可能性があるでしょう。

このようにして、まずはご自身で中国茶を味わってみるのが、

安全で的確な中国茶の選び方です。


【参考文献】成美堂出版編集部(2000)『香りを楽しむ中国茶の辞典』.成美堂出版

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク