ちょっと意外な中国茶の歴史とは?その2

お茶のつくり方が発達していった時代とは?

唐の時代(618~907年)に入ると、

中国の各地でお茶が栽培されるようになりました。

同時に、お茶は飲料としての習慣も徐々に市民の間で浸透していきました。

唐の時代のお茶は、蒸したやわらかい茶葉を臼でつき、

圧力をかけて固形茶として乾燥させて保存するという製造工程が取り入れられていました。

次にそれを砕いて粉末状のお茶にし、

お湯を淹れて飲んでいたと言われています。

これ以外にも、蒸した茶葉を乾燥させ、

散茶という形のお茶にしたり、

生茶を炒ってつくる製法も存在していました。

また、この時代には喫茶の風習も流行り始めていきました。

それによって、「茶館」と呼ばれる、

いわば喫茶店のようなお店までもが、主に都市部を中心に拡大していったのです。

さらに、李白(リハク)をはじめとする、

数多くの詩人や文豪が登場することで、

文芸が盛んになり、

同時に文人たちによるお茶の生産と消費も増えていくようになりました。

このようにして、中国のあらゆる地域でお茶の風習が拡大していき、

文人による影響も大きく、

中国の経済をもお茶が潤すような状況にまで発展していったのです。

なお、日本にお茶が伝わってきたのも唐の時代の頃であり、

行基(ぎょうき)と呼ばれる人物が、

日本に来てはじめて「茶樹」というお茶の木を植えたのが、

日本茶のすべてが始まるきっかけをつくったことになるのです。

闘茶って何?

宋の時代(960~1279年)に入ると、

お茶は固形茶と散茶の2種類に分けられるようになり、

さらに製造技術も向上するようになりました。

これまで、朝廷や上流階級の人々は、

つくるのにも飲むのにも非常に時間がかかる、

龍鳳茶(リュウホウチャ)という固形茶を飲んでいました。

宋の時代では、唐の時代から存在していたと言われる、

新茶の時期に湯色と湯花に関する勝負の、

「闘茶(斗茶)」という風習が広まりました。

分かりやすく言うと、お茶の味を飲み分けて勝敗を競う遊びのことです。

これがきっかけでお茶を愛する人々が増えていったとされています。

宋の時代の終わりごろになると、

白茶や龍井茶(ロンジンチャ)が登場し、

その反面、今まで主流であった固形茶は徐々に姿を消していき、

飲みやすい散茶の生産量が増加していったのです。

茶馬貿易とは?

民の時代(1368~1644年)に入ると、

百片のお茶で馬1頭を買うことができる、

「茶馬貿易」という商売が現れ始めてきました。

民の時代では、お茶は今のような嗜好品として扱われるというよりも、

国の軍事的な発展や人々の生活の面で必要不可欠である、

重要な素材として扱われていたことが分かっています。

民の時代の初期では、貢茶制度が廃止となり、

貢茶(固形茶)は茶馬貿易で使うための専用のお茶えと扱いが変わり、

散茶がメジャーとなっていったのです。


【参考文献】大森正司(2002)『からだにいいお茶のすべて』日本文芸社.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク