中国茶の正しい買い方&良質な茶葉を見分けるためには?

多種多様な種類がある中国茶。

その数は、実に1000種類以上に及ぶと言われています。

それだけ膨大な数がある中国茶だけあって、

専門家でない限り、

一般の人が自身の好みに合ったお茶を選ぶのはとても難しいことです。

ここでは、中国茶の正しい買い方や、

美味しく飲むための保存方法について詳しくご紹介します。

中国茶の正しい買い方とは?

プーアル茶

ただでさえ膨大な種類が存在する中国茶なので、

まずはじめは、自分にはどういうタイプのお茶が合っているのかを考えてみましょう。

それにあたっては、味や香りは勿論のこと、

もしくはお茶を淹れるスタイルなども意識してみるのも良いかもしれません。

「最初に自分で選ぶのは難しい・・・!」という人は、

単純に有名な銘柄のお茶をセレクトするのも、

中国茶ライフを始めるきっかけとしてはアリです。

やはり理想としては、実際に中国茶を売っているお店に足を運んでみて、

店員とのコミュニケーションを図りながらいくつか試飲させてもらい、

それを経て自分にとって一番好みのお茶を選んで購入に至る、

という選び方が確実です。

購入するときは、第一に試飲をして、

茶葉の品質の良し悪しを確かめ、

美味しいと感じたものを選ぶのがポイントです。

これなら実際に飲んで味を確かめられるので、

買った後で後悔する必要がありません。

中国茶の正しい選び方とは?

中国茶にも、品質の良いものとそうでないものがあります。

たとえ同じ種類のお茶であったとしても、

茶葉の品質の良し悪しによって味や香りは大分変ってくるのです。

したがって、中国茶を購入するときには、

まず最初に茶葉の品質をチェックしてみましょう。

◆良質な中国茶を見分けるための簡単なチェックリスト◆

茶葉の状態 茶葉のサイズ、形状がすべて揃っているか?
カスや異物が混ざっていないか?
茶葉の香りがきちんと立っているか?
ツヤが見えるか?
淹れた後 淹れる時点で高い香りがしているか?
水色が濁っていないか?
奥深い味わいかつ香りが残るか?
茶殻の状態はきちんとしているか?

事前に中国茶の知識を深めるのは大切!

1000種類以上に上るという中国茶。

しかしながら、専門家でない限り、

一般の人が中国茶について何も知らずにいきなり買ってしまうのは、

ちょっと危ない買い方です。

特に茶葉などの品質の良し悪しなんかは、

はじめての人にとっては見分けがつかないことがたくさんあります。

なので、ご自身で中国茶についてのある程度の知識をインプットしておくのも大切です。

中国茶を正しくかつ安全に選ぶためには、

ある程度の中国茶の知識やスキルを身に着けることが欠かせません。

例えば、中国茶でもポピュラーなウーロン茶の場合の見分け方を見てみましょう。

ウーロン茶を選ぶ基準だけでも、項目は多くあります。

茶葉の形や色、淹れた時の色や味をチェックするときは、

以下の表を参考にしてみてください。

項目 特徴
らせん状のように固く結ばれ、茶葉の先端は鋭いのが特徴。
鮮やかな深緑色が特徴で、茎の部分には金色のつやがある。
後味がさわやかで芳ばしく、のど越しも良い。
香り さわやかな香りが特徴。
お茶を淹れた時の色 全体的に琥珀色で、淡い緑色が特徴。金色の光沢も確認できるほど。

【参考文献】大森正司(2002)『からだにいいお茶のすべて』日本文芸社.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク