中国茶ダイエット成功5つの秘訣!飲み方/習慣など

①毎日2リットル程度飲む!

食前、食後、もしくは食事と一緒に飲むと効果的です。

実際に中国茶を飲んで「痩せた!」という人のほとんどは、

毎日2リットルと程度とかなり多くの量を飲んでいます。

一方、食後に1~2杯程度という、

一般的なお茶を飲む感覚で痩せたという人は多くありません。

②中国茶でもプーアル茶とウーロン茶はより効果的!

プーアル茶

お茶を飲みすぎて胃腸を壊したというケースがありますが、

これはカフェインを多く摂りすぎていることが原因だと考えられます。

また、人によって胃腸の強さは変わるので、

具体的なカフェインの量は一概には言えませんが、

ダイエットのためにお茶は毎日飲む必要があるので、

その分カフェインの量ができるだけ少ないほうのお茶が安心です。

代表的なローカフェインの中国茶と言えば、

プーアル茶とウーロン茶の2種類が挙げられます。

これらは中国茶の中でもカフェインは少量です。

③良質な茶葉を使ったお茶を選ぶ!

できるだけダイエットに使うお茶は、安いコストで収めようとする人が多いですが、

それはあまりお勧めできません。

例えば、スーパーで300グラム1,000円前後で売られている中国茶。

安いからこれを買ってしまう人は多いはずです。

しかし、日本茶でもピンキリがあるように、

100グラム数百円から数千円と値段は幅広いです。

したがって、あまり安いものは逆に品質を疑ったほうが良いでしょう。

お茶の価値として、1番茶(一番価値が高い)、2番茶、3番茶・・・がありますが、

実際には1番茶に近いほどビタミンの量など栄養が多くなります。

口に入れるものとして、安さばかりでお茶を選ぶのは避けたほうが良いでしょう。

④ほかの飲み物は控える!

ダイエット中は、普段飲んでいるコーヒーやジュースなどからお茶に切り替えましょう。

コーヒーやジュースには砂糖が多く含まれているので、

それを飲んでしまうと効果が薄くなってしまいます。

⑤適度な運動を心掛ける

「お茶さえ飲んでいれば後は何もしなくていいんでしょ?」

しかし、これは多くの人が勘違いしていることです。

食べた分、飲んだ分、エネルギーを消費しなければいけません。

エネルギーが蓄積されていくと、それが脂肪となり、

肥満症を引き起こす可能性があります。

また、体を動かさずに安静にしている時に、

どれぐらいのエネルギーを消費するかという「基礎代謝量」の項目があります。

10代では1500キロカロリーですが、

年齢とともに減っていき、

40代には1200キロカロリーにまで低下してしまうのです。

お茶を飲むことで基礎代謝がアップしますが、

それと同時に適度な運動も心掛けるようにしましょう。

エレベーターの代わりに階段を使うなど、

日常生活で簡単にできることからでも構いません。

1か月返金保証付きお試し20%OFF!




【参考文献】

劉泱昊(りゅうようこう)(1981)『中国茶 きれいにやせて美しく』 実業之日本社.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク