【自転車の車載動画にピッタリ!】SONYアクションカムHDR-AS50のメリットは?

【自転車の車載動画にピッタリ!】SONYアクションカムHDR-AS50のメリットは?

西海岸、龍飛崎、奥入瀬渓流・・・

青森県内には絶景スポットと言える場所が数多くある。

そして、その絶景スポットをサイクリングで巡るのは、

この上ない贅沢だと個人的に思っている。

ところで、絶景スポットを自転車で回っていると、

ビデオカメラで車載動画を撮りたくなることはないだろうか?

実際、アオラボも3年前くらいにあるビデオカメラを買ったのだが、

それがまた思いのほか使い勝手がよろしいのである。

そのビデオカメラというのは、

SONYが販売している「アクションカムHDR-AS50」というものだ。

実はこの「アクションカムHDR-AS50」というのは、

自転車の車載動画を撮影するために誕生したようなものである。

個人的にもこの「アクションカムHDR-AS50」は、

数あるビデオカメラの中でも高評価であると思う。

そこで、「アクションカムHDR-AS50」はどんなビデオカメラなのか?

録画時間や使い勝手はどうなのか?

メリットは何なのか?

これらについてお伝えしていこう。

「アクションカムHDR-AS50」が自転車車載動画の撮影にピッタリな理由

その1.サイズが小さくてコンパクトである点

「アクションカムHDR-AS50」のサイズは2.4 x 8.3 x 4.7 cmと、

ほかのビデオカメラよりも小さい設計になっている。

なので、手のひらに収まるほどの小さいサイズである。

さらに、本体重量は83gとかなり軽量であり、

自転車の振動がある程度強くてもずれ落ちにくい。

これは、バッテリー(NP-BX1)や記録メディア(別売)を入れてもである。

自転車のハンドルに取り付けても邪魔にならないほど小さいので、

とてもコンパクトな設計に仕上がってる。

その2.メモリーカード16GBで最長5時間20分も録画可能

「アクションカムHDR-AS50」の付属のバッテリーを使った場合、

連続で165分(約2時間40分)撮影が可能である。

これだけでも普通のビデオカメラより撮影時間は長いが、

「アクションカムHDR-AS50」はこれで終わらない。

メモリーカードが16GBの場合だと、

なんと最長で最大記録可能時間が5時間20分も確保できる(MP4のSTDに設定した場合)。

なお、この情報はSONYのホームページに載っているものだが、

実際にアオラボ手持ちのアクションカムを見ると、

録画時間がさらに20分長い5時間44分になっていた。

これは使用するメモリーカードによって多少変わるので、

あくまでも参考程度としていただきたい。

また、この時(2016年)購入したメモリーカードは、

SONYの16GBで5,270円(税込

これ以上の容量だとお値段が高くなるので、

5時間録画が可能な16GBでも十分であると感じた。

因みに、128GBのメモリーカードでは、

MP4のSTDに設定した場合で録画時間がなんと44時間10分。

ただ、Amazonなどのサイトを見ると1~2万円台と高めであるため、

特に何十時間もの録画を望んでいないのであれば、

個人的には16GBでも十分だと思われる。

その3.モバイルバッテリーで充電可能

アクションカムでは別売のモバイルバッテリーを使うと、

外出先でもアクションカムを充電できるような設計になっているのだ。

なので、一旦使わない時にモバイルバッテリーで充電することで、

消費した分のバッテリーを回復できるのである。

なお、先ほどの最長5時間20分録画可能というのは、

あくまでもどれだけ映像を保存できるかであって、

連続で録画できるわけではないので注意していただきたい。

連続で録画ができるのは、

約2時間40分となっている。

また、充電しながらの撮影はできないので、

こちらも注意が必要だ。

続きはこちら:【これだけ注意!】SONYアクションカムHDR-AS50の使い方&デメリット

参照:SONY公式ホームページ「アクションカムHDR-AS50」

アオモリサイクリング&自転車お役立ち情報カテゴリの最新記事