【夏サイクリングは危険!?】知られざる月別の紫外線量を分析

【夏サイクリングは危険!?】知られざる月別の紫外線量を分析

サイクリングの日焼け対策に関するデータです。

以前の記事で時間帯別の紫外線の量について解説していきましたが、

今回は1年間を通した月別の紫外線の量について分析してみようと思います。

まず、イメージとして1年間で最も紫外線の量が多そうな時期と言えば夏ですよね。

夏は気温も高ければ湿度も高い。

そこへ大量の紫外線が降り注ぐわけなので、

いつも以上に徹底した日焼け対策を取らなければ肌に大きなダメージを与えてしまうことに・・・

そのため夏の時期はほかのどの季節よりも日焼け対策はしっかりとらないといけません。

では、夏の時期の紫外線の量はどの程度あるのでしょうか?

またまた気象庁からデータをお借りして詳しく見てみましょう↓

気象庁| 日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ

いかがでしょうか?

観測地点のつくば市を例に月別の紫外線の量を見ていきますと、

まず、紫外線が比較的多い時期というのは5月から9月にかけての約5か月間もあるのが分かりますね。

そして年間で一番紫外線が降り注ぐというのが7月から8月にかけての2か月間となります。

確かに多くの方のイメージ通り、

夏の時期が最も紫外線の量が多いことになってはいるんですが、

しかしながら夏の時期以外、

つまり春や梅雨、秋のはじめにかけての時期についても、

若干強めの紫外線が降り注いでくるのです。

したがって日焼け対策を始めるとなれば、

春が終わりかけている5月ごろから対策をとっていく必要があるということです。

特にサイクリングを始めるにあたり長期休暇が取れる8月ごろに至っては、

案の定紫外線の量が1年間で最も多い時期であるため、

日焼け対策を少しでも怠ると、

知らないうちに肌に大きなダメージを与えてしまうことになります。

前回投稿した記事でも述べたように、

長時間日に当たっていると体力が奪われ、

サイクリングのパフォーマンスも大きく低下してしまいます。

逆にあらかじめ日焼け止めを塗るなどして肌をコーティングしていれば、

すぐに疲れにくくなり走行距離も伸びる傾向にあります。

なので男性女性関係なく、

日焼け対策はしっかり行うようにしましょう。

また、上図の通り春や秋にかけても中程度の紫外線が降り注いでいますが、

これは太陽の高度が関係しているのです。

冬であれは日が暮れるのが早いですよね。

つまりこれは太陽の高度が低いためです。

そして太陽の高度が低ければ低いほど紫外線の量も少なくなっていきます。

逆に夏の時期は場所にもよりますが7時を過ぎないと日が暮れてきませんよね。

したがって夏は太陽の高度が高く、

それに伴い紫外線の量も多くなっているのです。

よくニュースで夏至や冬至という季語を耳にすることがありますが、

夏至は太陽の高度が年間を通して最も高く、

逆に冬至は太陽の高度が年間を通して最も低くなっています。

このような季語の情報を知っているだけでも、

効率的な日焼け対策をすることができるのです。

月別の紫外線の量を踏まえて、

今日からでもぜひ紫外線対策を始めてみてはどうでしょうか?

★こちらもチェック★

サイクリングを楽しむカテゴリの最新記事